太陽光発電で創電&売電

電気を創って、余った電力は売れる!

私は10年ほど前に、二人目の子供が小学校に入ったのをきっかけに、一戸建て住宅を購入しました。
それまで住んでいた家は、分譲マンションで、3LDKでしたし、一人目は娘、二人目は息子、と性別が異なってしまったので、将来的に一人一つの部屋が必要だな、と考えると、3LDKのマンションでは不可能でしたので、思い切って購入することにしました。
ありがたいことに、私はそれなりに収入があり、ヨメも働いていて、金銭面では余裕が多少なりともあったので、思いきることが出来ました。
場所も住んでいたマンションから近く、いい家が買えたと思っています。
ただ、当時は今ほど太陽光発電が普及しておらず、我が家には太陽光発電の設備は付いていませんでした。
でも、東日本大震災を目の当たりにし、安全でクリーンなエネルギーの必要性を考えさせられ、太陽光発電設備を設置しようかな、と思うようになりました。
家庭で発電して、あまった電力があれば電力会社に買い取ってもらえる制度も出来たので、安いものではありませんが、またまた思い切って、太陽光発電を設置することにしました。
それが昨年のことです。
null以来、我が家では、太陽光発電のおかげで享受できたメリットがあります。
一つは、なんといっても、光熱費が安くなった事です。
我が家の環境では、光熱費が全くかからなかったり、家で発電した電力が余って、電力会社に買い取ってもらう、というほどの発電量は得られませんでしたが、確実に太陽光発電の設置により、光熱費が安くなりました。
これは、太陽光発電によって作られた電力の影響だけでなく、2次的なモノとして、こういった設備を付けることで、節電への意識が高まり、家で必要とする電力量自体が減ったことも要因かな、と思っています。
あと、まだ経験はありませんが、停電などで、電力会社から電力の供給がストップしても、太陽光発電のおかげである程度の電力量は確保できます。
初期費用がそれなりに必要なので、二の足を踏んでいる人もいるとは思いますが、長期的な視点で考えると、多くの人の場合がプラスになると思いますので、個人的には、一戸建てに住んでいる人は太陽光発電設備の設置をオススメします。