太陽光発電で創電&売電

電気を創って、余った電力は売れる!

大阪市の住之江区の太陽光発電設置においては、国の補助金しかありませんので、他の地域を見て、多い所と比べると30万円以上も違うなどと、他地区の友人をうらやましがるというようなこともあるようですが、それくらいの差なんてどうでも良いと思うのです。
我が家と同じ条件の大阪の住之江区は、国の補助金だけですが、まず注意したいのは、補助金もあまりないし、2kシステムぐらいで自給ができたら良いだろうという考え方です。
売電があるからこその太陽光発電機器設置のメリットがあります。
我が家の4kシステムで2万円の売電がありますが、単純に2kシステムなので、売電額をその半分の1万円と考えると、毎月ローンを組んで支払う場合、売電金額との相殺ができずにお金を足して支払うことになります。
それが電気代の下がった金額よりも小さければ、ほんの少しですがメリットと言えるのですが、これでは年間の日照時間の悪い年には損をする可能性があります。null
だから、優良で機器が安価な業者で4k以上のシステムを乗せる屋根の面積があれば、売電も大きくなり、補助金の他地域との差なんてなんのそのとなります。
もちろん家により屋根の環境が違いますから、どのようにすれば、メリットが出るのかを専門家に屋根の面積や角度や方角を調べてもらい、具体的なシミュレーションを出してもらうのが、設置するかどうかの具体的な判断材料となります。
住之江区の年間の日照時間は全国の中でも、悪くはないので、方策次第で大きなメリットがある地方なのです。