設置準備~太陽光発電~

自宅への太陽光発電システムの導入が可能なのでは・・と思ったら、具体的に設置に向けて動いてみましょう。
具体的には、販売店や取扱業者を選ぶことになります。
設置準備の中で、特に大事なのが、業者による現地調査です。
現地調査とは、実際に業者の方に自宅に来てもらい、家の状態についてチェックしてもらう作業となります。
まず大事なのは「日照量はしっかりと確保できるのかどうか」ということです。
自分たちのチェックでは問題なしとした場合でも、木や隣家、電柱の陰などがパネルにかかってしまう場合、十分な発電量が見込めない場合があります。
また、日光の当たり具合は季節によっても変わってくるものなので、そうした条件でどうなのかについても、専門家の目でしっかりとチェックしてもらう必要があります。
また、パネルが設置できる屋根の部分はどれくらいあるのかもチェックしてもらいます。
あらかじめ太陽光パネルを設置することを念頭に置いた新築住宅の場合は問題ないことも多いのですが、既存住宅の場合は、個性的な形の屋根を採用していることも多いです。
そうした場合に、どこにどのようにパネルを設置し、発電効率を上げていくのかを検討してもらうことになります。
そのほか、屋根の質や強度、劣化、建物自体の強度についても専門家の目でチェックしてもらうことになります。
具体的に太陽光発電システムを導入した場合の配線なども検討してもらいます。
自分の家の状態をよりよく理解してもらうために、家を建てたときの図面があればそういった書類を準備しておくとよいでしょう。
また、どれくらいの発電量が必要となるのかを確認するため、過去の電気料金のデータもあれば参考にできます。
自分の家の状態で、希望する発電量に届くかどうかというチェックも容易にできるのではないでしょうか。
「家まできて、あれこれ調査される」というのは、ちょっと面倒に思ってしまいがちです。
が、無事にシステムを導入し、自分の満足のいく発電効果を得るためには、非常に重要なステップといえるでしょう。

get( 'keyword', 5 ) ?>
get( 'comment', 5 ) ?>