太陽光発電で創電&売電

電気を創って、余った電力は売れる!

大阪府では、現在、太陽光発電設備導入に関する助成金を出していません。
nullまた、守口市においても同様であるため、受けられるのは国がやっている助成金の制度だけということになります。
現在、国からの助成金に加え、都道府県からも市区町村からも助成金が受けられるところがあるので、そこと比較した場合、守口市での太陽光発電導入に関しては助成金という面でのメリットは少ないと言えると思います。
けれど、大阪は年間を通して雪もほとんど降りませんから、冬でも晴れた日には太陽光発電が十分できると思われることで、導入そのもののメリットは大いにあると思います。
助成金がないからと、守口市において太陽光発電システムの導入をあきらめるか、それでも導入するかは人それぞれの判断によることになります。
ただ、大阪は西日本における最重要都市と位置付けていいと思いますので、その大阪に太陽光発電を導入した家が増えていくことは、メリットになりこそすれ、デメリットにはならないと思います。
本当を言えば、そういった大阪の役割や経済活動及び家庭活動においての電力確保において、自然エネルギーの割合をもっと積極的に増やしていくことが望ましいのだろうと思います。
ただ、大阪は財政の立て直しの真っ最中だそうなので、なかなか太陽光発電導入の大切さをわかってはいても、そのための助成金を出すだけの余裕がないのかもしれません。
財政状態の立て直しが図れれば、今後は助成金を設置し、太陽光発電を導入しやすい環境を整え、それによって電力供給の新しい枠組みを作るかもしれません。
大阪のリーダーのことを思うと、守口市で太陽光発電を導入するのに助成金を受けられるようになるのは、そう遠くない未来かもしれないと思います。
それをきっかけに太陽光発電を導入する家が増えてきたら、もっとも多くの原子力発電所を抱える関西地区の電力供給状況は、また新たな一ページを刻み始めることになるかもしれないと思います。