太陽光発電で創電&売電

電気を創って、余った電力は売れる!

東京以外の首都圏といって連想する埼玉や千葉の場合、ほとんどの人が東京まで働きに行っているとすぐに想像できますよね。
バブルの頃から、現実的に土地が高すぎる東京ではなく、埼玉などのベッドタウンにマイホームを買って、長い時間をかけて東京まで通勤するお父さんのサラリーマンが話題になったりしていましたからね。
それに比べると、大阪にも奈良や兵庫、京都、和歌山、そして東海地区である三重県からも雇用圏であり働きに来ているという現実は、あまりすぐにイメージできる人は少ないでしょう。
実際に、距離が近い事もありますが、東京、名古屋間と違って大阪には私鉄も走っていますし、アクセスがよく仕事に行っている人が多いことが分かります。
東京ほどではありませんが、中心部では通勤、通学の人が多く昼夜で人口も変わってきます。
そう考えると、大阪にいる人や、会社、施設などは率先して太陽光発電を設置したいですよね。
仕事を生み出したり、消費や生産をこの周辺で最も作り出しているのですから、エネルギーの負担を少しでも減らしたいです。
関西管轄内で、沢山の電力を使っているのですから、このエリアの原発再稼動問題も、最も考えるべき課題ですからね。
私鉄も多く、電車も他県に比べて多く使っていますしね。
もちろん、ひとつの家庭とか、ひとつの会社が設置しただけでは小さな力かもしれません。
しかし、大阪で多くの割合で太陽光発電を設置する時代になれば、多くの消費量を賄えて、きっとエネルギー問題も前進する事でしょう。