太陽光発電で創電&売電

電気を創って、余った電力は売れる!

マイホームは住之江区にあり、立地はとても良く便利なところですが、狭小地に建てているため、少し窮屈をしながら、家族全員仲良くくらしています。
もともと建てた時にメーカーから、屋根があると狭小地であることがかなり目立つし、フラットな形の方が見栄えが良いので、ということで、屋根を敢えて付けずに、マンションのように平たいコンクリートの屋根にしました。
いずれは屋根で屋上庭園を作ったりできるように、ということも考えてこのようなデザインになりました。
nullそれが、太陽光発電が載る家になるとは、その時は想像もしていませんでした。
我が家が太陽光発電をつけるきっかけになったのは、地元の商店街で小さなイベントをやっているのを見に行ったからです。
そこで、初めて実物のパネルを見ました。
子供も大人も興味津々、その時に発電量やどのくらいお得になるかなども、一般家庭の場合のシミュレーションをしてもらい、妻がものすごく気に入ってしまいました。
さらに、営業マンに我が家の屋根がフラットであることを伝えると、通常の傾斜のある屋根よりもパネルがたくさん載るし、真上からの太陽の光を直接取り入れることができるので、発電効率も通常よりも良いということを聞きました。
屋上庭園にするのも、まだ全然何も考えていなかったですし、実際にメンテナンスも大変そうだなと思っていたので、設置のみでメンテも必要ない太陽光発電のパネルなら、逆に家計が浮いてお得だと感じ、付けることにしました。
工事は雨の日などもあって、結局1週間ほど掛かりましたが、無事に載った我が家は狭小住宅であるにも関わらず、とてもリッチな感じがして、嬉しかったです。
付けて間もないので、これからどのくらい家計が浮くのか楽しみながら見守って行きたいと思っています。