太陽光発電で創電&売電

電気を創って、余った電力は売れる!

原子力発電所の再稼働がおもうようにならないこともあり、電力の消費の多い時期はどうしても自主的にはもちろんですが、節電の要請も行われる準備がされています。
もちろんこの機会に節約にいっそう取り組むことになったというかたもいるかもしれません。
しかし電力を多く消費する職場も現実にありますし、また一般家庭でもあまりの節電は家庭の雰囲気を暗くしかねません。
そこで太陽から降り注ぐエネルギーを活用して発電をすることをぜひ検討したいものです。
太陽光発電パネルを屋根に設置することで、太陽の光によって発電が行えます。
一般家庭はもちろんですが、事務所や工場の屋根にも太陽光パネルを設置して、太陽光発電をするようにしたいものです。
住之江区は住宅地であるとともに、中小の工場が点在しています。
工場でもかなりの電力を消費するので、一般家庭よりも大きめの太陽光パネルの設置で電力を補うようにしたいものです。
null住之江区にはあまり大きな建物がありません。
それだけに一戸建ての屋根の上でも、かなりの割合で十分に荷中の日差しを確保できることでしょう。
太陽光発電でできた電力の余剰分は、地域の電力会社が買い取ることが決まっています。
現段階ではかなり高額になっているので、太陽光パネルの設置をして、太陽光発電をする大きなメリットになるでしょう。
今後余剰電力の買取価格は下落する可能性があります。
それ以前に太陽光発電をはじめて減価の償却を済ませるようにしたいものです。