太陽光発電で創電&売電

電気を創って、余った電力は売れる!

屋根に太陽光発電を置くためには

太陽光発電をするための装置は、屋根に設置されるため、外からでもすぐにぱっと分かるものですよね。
太陽光発電システムを導入しているお宅では、もちろん電気代は軽減されるでしょうし、売電による収入も得られます。
うらやましいなと思ってしまうこともあるのではないでしょうか。
人の家の太陽光発電システムを見て、「いいな」と思ったら、それは自分の家にも導入するタイミングなのかもしれません。
売電収入のこと、そして国や自治体からの補助金のことなどを踏まえても、太陽光発電を購入するのにいいタイミングといえる時期だからです。
ぜひ積極的に検討を始めてみてはいかがでしょうか。
太陽光発電システムを導入したい!と思った時に、まずチェックしておかなければならない点がいくつかあります。
まず、「自分の家の屋根について」です。
屋根の状態によって、太陽光発電システムを設置した場合の発電効果は大きく違ってきます。
一般的に、「太陽光発電をするのに、一番適した屋根の状態」とされるのが、真南に向けて、水平から30度の角度で、屋根全面に太陽電池モジュールを設置した状態です。
これにできるだけ近づけることで、発電効率を上げることができます。
もちろん既存住宅への導入を考えると、必ずしもこの数値に近い屋根であるとは限りません。
まずは、自分の家の屋根の状態を客観的に見て、太陽光発電に向いているのかどうかチェックしてみましょう。
次に、本当に設置可能なのかどうかを検討してみる必要があります。
屋根の材質や強度はさまざまです。
今のシステムは、一般的にどのような屋根にも設置できるものになってきてはいるのですが、一部対応できない屋根もあります。
また、メーカーによって、設置できる屋根とできない屋根があるので、こちらも注意が必要です。
また、屋根だけでなく、住宅そのものの強度も重要となってきます。
重量のあるシステムを家全体で支えることになるので、古い住宅の場合には注意が必要となっています。